介護リフォーム

介護保険住宅改修

介護保険住宅改修

  • 介護保険による要支援・要介護の認定を受けた方が、バリアフリー化などの住宅改修工事を行う場合に、支給限度額の範囲で介護保険から補助起因を受ける事ができます。
  • 支給限度額は20万円ですが、1割は自己負担となりますので、最高18万円が支給されます。この住宅改修費は、介護保険の毎月支給限度額とは別枠で設けられています。
  • ご利用は受給者一人につき一回限りですが、限度額(20万円)の範囲内であれば分割して利用が可能です。なお、支給限度額を超える工事費用については全額自己負担になります。
  • 支給対象となる改修の内容は、以下になります。

1.手すりの取り付け

手すりの取り付け

  • 廊下,便所,浴室,玄関,玄関から道路までの通路等に転倒防止,移動又は移乗動作の補助を目的として設置するもの。(手すりの形状は二段式・縦付・横付)
  • 用具貸与告示第7 項に掲げる「手すり」に該当するものは除きます。

2.段差の解消

段差の解消

  • 居室,廊下,便所,浴室,玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修。(具体的には、敷居を低くする、スロープを設置する、浴室の床をかさ上げする工事等)
  • ただし、用具貸与告示第8 項に掲げる「スロープ」または用具購入告示第3 項第5 号に掲げる「浴室内すのこ」を置くことによる段差の解消は除かれます。また、昇降機,リフト,段差解消機等,動力により段差を解消する機器を設置する工事は除かれます。

3.滑りの防止、移動の円滑化等の為の床又は通路面の材料変更

滑り止めの防止

  • 居室,廊下,便所,浴室,玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修。(具体的には、敷居を低くする、スロープを設置する、浴室の床をかさ上げする工事等)
  • ただし、用具貸与告示第8 項に掲げる「スロープ」または用具購入告示第3 項第5 号に掲げる「浴室内すのこ」を置くことによる段差の解消は除かれます。また、昇降機,リフト,段差解消機等,動力により段差を解消する機器を設置する工事は除かれます。

4.扉の取り替え

扉の張り替え

  • 開き戸を 引き戸,折り戸,アコーディオンカーテン等に取替える といった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれます。
  • ただし、引き戸等への扉の取替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の設置はこれに含まれず、動力部分の費用相当額は、保険給付の対象となりません。

5.便器の取り替え

便器の取り替え

  • 開き戸を 引き戸,折り戸,アコーディオンカーテン等に取替える といった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれます。
  • ただし、引き戸等への扉の取替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の設置はこれに含まれず、動力部分の費用相当額は、保険給付の対象となりません。

6.その他1.から5.の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

  1. 手すりの取付け・・・・手すりの取付けのための壁の下地補強など
  2. 段差の解消・・・・・・・浴室の床段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事など
  3. 床又は通路面の材料の変更・・・・床材の変更のための下地や根太の補強又は通路面の材料の変更のための路盤の整備
  4. 扉の取替え・・・・・・・・扉の取替えに伴う壁または柱の改修工事など
  5. 便器の取替え・・・・・・便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化または簡易水洗化に係るものを除く)便器の取替えに伴う床材の変更など

住宅改修費用申請の流れ

住宅改修費用申請の流れ

介護認定を受けてない場合は、市町村に申出て、要介護,要支援(1~5)の認定を受けて下さい。

ケアマネージャーが住宅改修の必要性をアドバイスしてくれる場合もありますが、ご家族からも相談してみてください。

住宅改修をした方が良いという事が決まると、住宅改修事業者と打合せをします。

打合せ内容に合わせて住宅改修事業者が見積書等作成しますので、説明を受け、工事内容を家族が承認・決定します。

決定した内容に合わせて工事をします。

助成金の申告書にサインをします。写真等の必要書類を添付して申告書を各市町村に提出します。

工事にかかった費用を業者へ支払います。

助成金が指定口座に振り込まれます。